• TOP
  • ダイビングポイント

ダイビングポイント

各方面の代表するダイビングポイントをご紹介します。

万座ドリームホール

万座方面ファンダイビング(ボート)

万座方面を代表する人気の地形ポイント。

水深-5mから-25mまで続く縦穴を下りていくと、横穴がありホールへ。
ホールの中には無数のハタンポが群れになり、出口とのシルエットが美しい。
ホールを出るとドロップオフがあり、スミレナガハナダイやカスミチョウチョウウオ群れが迎えてくれます。

ホーシュー

万座方面ファンダイビング(ボート)

ドロップオフが豪快なポイント。

棚上-5mから-40mまで落ち込む迫力のドロップオフ沿いを泳ぐ浮遊感は、まるで空を飛んでいるような気分。
縦に並んだ2本のトンネルをくぐったり、シーズンによってはサメとの遭遇も!ドロップオフ沿いにあるイソバナに生息するピグミーシーホースを探してみたり、ウミウシシーズンも楽しみなポイント。

ミニドリームホール

万座方面ファンダイビング(ボート)

万座エリアNo.1の美しい珊瑚畑が、棚上に続く。

棚上から落ちる縦穴は、出口の水深が-18mと穏やか。ホールを出るとハナゴンベが迎えてくれます。
ドロップオフ沿いにコースを変えると、顔面ホールやゴジラポイントへとつながり、楽しみの幅が広いポイント。

なかゆくい

万座方面ファンダイビング(ボート)

白い砂地が広がる、ゆっくり穏やかなポイント。

「なかゆくい」とは、沖縄の言葉で「ひと休み」の意味。ユビエダハマサンゴの根の周りには、たくさんの魚が群れています。
砂地では生物探しやシーズンによってはナカモトイロワケハゼが見れたりと、色々な楽しみ方ができます。

真栄田岬(青の洞窟・ツバメの根)

真栄田岬方面ファンダイビング ・体験ダイビング ・スノーケル(ボート・ビーチ)

人気の「青の洞窟」から、ドロップオフも楽しめる。

ボート、ビーチの両方から入れるポイント。
ビーチエントリーは階段の上り下りがあるので体力に不安のある方はボートをおすすめします。
青の洞窟以外にも、ツバメウオの群れや深場のハゼ、豪快なドロップオフなど、体験ダイバーからファンダイバーまで楽しめます。

山田ポイント

真栄田岬方面ファンダイビング ・体験ダイビング(ボート)

クマノミ6種類が見れるポイント。

日本で見れるクマノミ6種類が1ダイブで見られる珍しいポイント。
ファンダイバーには、砂地にいるトウアカクマノミやシーズンで見られるウミウシが人気。
浅瀬にいるカクレクマノミやユビエダハマサンゴの群生にはヨスジフエダイやスズメダイが群れ、体験ダイバーも楽しめます。

残波岬灯台下

残波岬方面ファンダイビング(ボート)

読谷村を代表する人気のポイント。

ダイナミックな地形が広がるポイント。
縦穴を抜けると大きな根がたくさんあり、豪快なドロップオフが続きます。
大きなナポレオンやロウニンアジなど大物から、ウミウシやピグミーシーホース、甲殻類など小さな生物も多く見れます。
一年中魚影が濃く、浮遊しているだけでも楽しめます。

ウフクチ

残波岬方面ファンダイビング(ボート)

サンゴの根と砂地が美しいポイント。

縦長の根が沖に向かって並び、根の間には白い砂地が続きます。
根の上は、サンゴ(ハードコーラルとソフトコーラル)がびっしりと生息しています。
グルクンの群れが川のように流れたり、カマスの群れ、ウミガメなどが根の上を優雅に泳いでいます。

ミシラギ

残波岬方面ファンダイビング(ボート)

自然が作り出す地形が面白いポイント。

岩の複雑な重なり合いで、地形が面白い。
沖には無数の根があり、ダイナミックな景観になっています。
根の周りには、ウミウシが多く見られます。

砂辺

ファンダイビング ・体験ダイビング ・スノーケル(ビーチ)

沖縄本島西海岸を代表するビーチポイント。

整備された防波堤の間に階段があり、体験ダイビング、ライセンス講習も安心してエントリーできます。
浅瀬にあるソフトコーラルの群生はお花畑と呼ばれ、周りには魚が多く生息しています。
深場にはハゼが生息し、ウミウシも多く見られウミウシシーズンも楽しめます。

糸満エリアポイント

糸満方面ファンダイビング(ボート)

沖縄本島南部の海。

沖縄本島最南端、「喜屋武岬・灯台下」はクレパスの地形ポイント。
「名城沖」は大きな根があり、魚影が濃く根の下の砂地にはガーデンイールが生息しています。
浅瀬には珊瑚の群生も見られます。これからどんどん開拓されていく糸満エリアはおすすめです。

ルカン礁

糸満方面ファンダイビング(ボート)

サンゴ礁が隆起してできたドーナツ型の環礁。

沖縄本島と慶良間諸島の間にある「ルカン礁」。
外洋に面しているため、潮通しが良く透明度が高い。
360度全てがポイントになっているため、ドロップオフが続きます。
風が弱い日に行けるポイントですが、条件が合えば年中ご案内できます。
(※二名様から開催。ドリフトダイビングでのご案内になります)

Page Top